RECOMMEND
RECOMMEND
IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣
IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣 (JUGEMレビュー »)
原尻 淳一, 小山 龍介
何気ない思いつき。それを生かす技術。習慣は第二の天性。
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ぶーろぐ Version0.2

WEBのお仕事や世の中のピピピッと来たことをブログします。


<< WEB2.0である | main | おすすめブログサービス>ロリポブログ >>
サーチエンジン対策(SEO)を総括
0
    勝手に「総括」などと云うとどこかのおエライコンサルさんに怒られるかも知れないが、総括しちゃう。

    SEOは、やり始めるとキリがない世界で、突詰めるとノイローゼになってしまう。
    だってYahooなどの検索サイトの検索結果表示ロジックは、当然公開されておらず、経験的に分かっている人たちがいるだけで、しかもそのロジックは日々変わっていく。

    そんなもんに一喜一憂してもつまらない。そんな暇があったら中味で勝負しろ!という話。

    体験に基づき、もっとも基本的かつ低コストな方法をまとめたいと思う。
    (ご指摘歓迎!)楽しい


    ■どこのサーチエンジンをねらうか?

    とにもかくにもYahoo!Japanで決まり。だってみんな使ってるのはYahooでしょ。その次はGoogle。以上。

    基本を押さえれば、あとの検索ポータル対応も大体OK。


    ■キーワードを考える(見直す)

    そのサイトが何を主題にしたサイトなのか見直す。

    たとえば「紅茶」。これだけではちょっと浅い
    紅茶の中でも特にセイロンティーにこだわっているなら「紅茶」&「セイロンティー」という具合に組合わせる

    「紅茶」というキーワードでYahooで調べると、実に1500万件の結果が出る。
    「紅茶 セイロンティー」だと5万件これなら勝負になる

    検索される回数(ニーズ)÷検索結果数(競争相手)=キーワード効果指標

    という計算がある。実際はもうちょっと複雑だがKEIという。
    もちろん数字が大きい方がよい

    ここで調べる。無料登録ドットコムキーワードアドバイスツールプラス

    またキーワードの検討にはログを取ろう。
    サイトには、どこの検索サイトからどういうキーワードで訪問してきたかという情報(ログ)が残る。
    生ログ分析は手間であればアクセス解析ツールを使う。解析したいページにちょっとしたタグを入れるだけで導入できる。


    ■サイトの作り方

    これは若干知識が要る。でも基本だけでいい
    見直したキーワードを効果的にテキストで配置する。やり過ぎはNG


    ・TITLEタグ
    ブラウザーの枠に表示されるテキスト。ここにキーワードを含め端的にページ固有の名称を入れる。

    例)販売ページ|紅茶・セイロンティーの●●●

    ・Pタグ
    ページ文頭は、文章できっちり説明する。3行くらいでいいがPタグで囲む。

    ・H1、H2とか見出しタグを使う
    ページ本文の見出しや小見出しは見出しタグでテキストを囲む。

    ・strongタグ
    強調ね。太字のときBタグを使うのはNG

    ・リンク部分の表記
    「詳しくはこちら」はNG。「このセイロン紅茶の購入はこちら」にする。とにかく。

    その他、トップページはとっても重要。ページ最上部にはそのサイトを説明する文を1行で入れる。

    参考として、「SEO対策」で検索して上位に来るサイトはSEO対策がとっても良く考えられている(?)。当然ね。
    そのサイトの作り/ソースを見て参考にする。例えばこことか。

    見て分かるとおり、SEO対策できているサイトは充分にテキストがある
    見出しや図説などはデザイン上、画像にしてしまいがちだけど、これらもうまくテキストで補って作る。

    がんばりましょう。

    ■登録

    やっとこさ出来上がったら、サーチエンジンへ登録。
    もちろんYahooへ。
    ここから登録できるが、商用サイトは審査費用50,000円が必要。
    掲載はあくまでもYahooが判断
    他のサーチエンジンもそうだけど1ヶ月くらいはかかる場合がある。
    企業サイトだったら、迷わず有料審査をさっさと受けるべし。実はこれが一番重要なSEOなのである。

    ここでポイントなのが、「スニペット」という説明文。シンプルにキーワードを含めて作る。
    この「スニペット」が検索で一致するための重要な要素となる。
    上位表示される他の登録サイトがどんなスニペットなのか検索してチェックしてね。


    ■もっといろんなサイトに登録したいよ

    気になるのであれば一応やっておこう。
    下記サービスのどれかを実施すればいいんじゃないかね。

    一発太郎(無料)・・とりあえずならこれでOK。

    無料登録ドットコム(無料。ただしサイトにバナーを貼ることが条件)

    ホームページ登録ドットコム(1,980円〜)・・・ランキング測定など機能充実

    おまかせWeb(8,000円〜)・・・ビジネスプランであればYahoo+40サイトで80,000円。さらに+8,000円で登録状況レポートが付けられる。
    企業の担当者さんにとっては一番安心。僕も良く使う。専任スタッフにおまかせなり。

    各サービス登録件数が気になるところだが、SEO数打てばいいという問題でもないんだよね。いかに効率よくやるか。あまりめちゃくちゃやるとスパム行為扱いになる場合も。冷や汗

    こんなアプリもあるよ。推奨はしないが。


    まあ、ここまでやればそこそこ充分。
    Yahoo登録確認後に検索してみてちょうだい。
    「紅茶」&「セイロンティー」のように2ワード以上なら大体1ページ目(10位)か2ページ目(20位)にランクインできるでしょう。※経験談。もちろんキーワードによるけどね。

    ■ランクインしない!

    全然上位に来ないよ!
    このキーワードで1ページ目に表示したいよ!

    わかったわかった。
    ちょっとお金使いましょう。キーワード広告オーバーチュア。


    Yahoo等のメジャーサイトの「スポンサー」エリアにキーワードに応じて表示するクリック課金式広告。最低9円〜。最低というのは「入札方式でキーワードを買う」のである。

    オーバチュア


    これであれば、月間1000回クリックされても9000円。
    実際は平均30円くらいになるので月3万円もあれば、すぐにアクセスは2倍〜4倍くらいにはなるでしょう。
    出費はかかるけど、無駄な労力かけるより間違いない。

    ■もっとがんばる。

    Googleも対象によっては、Yahooより有効な場合がある。
    上位表示が困難であれば、オーバーチュアのGoogle版、Googleアドワーズに参加してみて。

    ■もっと、もっとがんばる

    あとは運用の問題
    いかにコンテンツを充実させるか。リピーターを生む仕掛けをするか。
    プレゼント企画する。メルマガ出すプレスリリースするブログを作る。・・・色々打つ手はありますね。

    「見られなきゃ 作った意味なし うちのWEB」

    がんばりましょう。
    | WEB制作のお仕事 | 16:51 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |









    http://blog.chan.boo.jp/trackback/441562
    アクセスアップの施策? グーグル・ヤフー・MSN・一発太郎への登録
    このサイトはぼちぼち書いていこうと思っていたので、あたり前のことをしていませんでした。 だが、アクセスアップ研究会も立ち上げたし(参加者は現在1名(悲))、そんなことではいかーん!とおもい、下記のことをしました。  ・グーグルへの登録  ・Yah
    | アフィリエイト実践メモ。月100万が次の目標です。 | 2006/02/24 12:14 AM |
    SEO対策できるキーワード選び
    SEO対策できるキーワードはどうやって選ぶか?私が主に行っている方法を紹介
    | ブログアフィリエイト2.0 | 2006/06/22 7:31 AM |